修理費用を担当者に聞く

iPhoneの修理費用が必要なのかを確認する

iPhoneが故障した場合は、まずは修理を考える事が大事です。修理することによって元の状態に戻り、再び使える可能性は十分にあります。また、修理費用が安ければお金の負担も少なく済みます。そこで、自分がiPhoneを購入した携帯ショップに持っていき、まずは本体の状態を見てもらいます。修理が必要な場合は、どれぐらい修理費用が必要になるのかを聞くと、そのまま修理をした方が良いのか、それとも新しいものを購入した方が良いのかを判断しやすいです。

もちろん自分だけで判断せずに、携帯ショップの店員と相談をして、今後どのようにしていけば良いのかアドバイスをもらう事も大事です。もし、修理費用が高い場合は、新しいiPhoneを購入した方がお得という場合もあります。

携帯補償サービスに入っているかで変わってくる

iPhoneが故障した場合は、修理していく事で再び利用出来る可能性があります。そこで、携帯補償サービスに加入している場合は、基本的に修理をしていく方が得策です。携帯補償サービスに加入していると、修理費用を一部または全額携帯電話会社が補償してくれる可能性が高いです。そこで、携帯補償サービスに加入している場合は、その補償サービスが適応されるのかを聞きます。もし、適応される場合は、最終的な修理費用を聞いて、修理するのかを判断します。

多くの場合は、補償サービスが適応されると修理費用もかなり安くなります。しかし、補償サービスが適応されない場合もあるので、店員に補償サービスが利用出来るのかを必ず確認する事が重要です。もし、補償サービスが適応されなかったり、そもそもサービスに加入していない場合は、新しいiPhoneの購入を検討することも必要です。

iphone6sのバッテリー交換には、持ち込み修理と配送修理の二通りがあります。持ち込みの場合Apple Store直営店へ、配送の場合はAppleサポートへ連絡、またはwebページの配送修理アイコンから引き取りの依頼ができます。